サイト開設の趣旨とご支援のお願い

 本会は平成13年に設立されました.もうすぐ15周年を迎えることになります.この間、この障害に対する理解・支援の輪は拡がり、医療や行政・支援事業も行われてきました。しかし、多くの基本的な問題は残されたままであり、当事者や家族は今だ戸惑うことも少なくありません. 

 信頼性の高い統計はありませんが、日本全国で数10万人の人々がこの障害をかかえているものと推測されます.宮城県全体では約千から一万人くらいの当事者や家族がいることになります.各地域で孤立して悩みを抱えている家族も少なくありません.

 本サイトは、有用な情報交換の場として、また当会が行っている小さな活動の広報の場となることを目的にしたものです.平成22年11月 に開設しました.おかげをもちましていまでは会員のみならず、また県外からも多くの方々に閲覧していただけるようになりました.今後とも、より便利で、より役に立つ、情報満載の広報ができるよう、おおくの皆様からのご支援、ご意見、情報提供をお待ちしております

 

  平成27年8月 高次脳機能障害者家族会

 

ある覚醒体験!

白取春彦さんのケアノート「突然苦しさ消えた ー 父の介護やるしかない」(読売新聞)(リンクはここ)「事実を認める、ありのまま受け入れる」、というある日突然の覚醒体験が記されています。

家族会員による文集「希望」はこちらから

岩手県安代の「希望の丘」への研修旅行はここ