蜂屋丸と布引高原大根

一昨年の12月の今月のフォトに掲載したものをここに再掲します。

先日、岩手県千厩の近くに住んでいる友人を訪ねました.手土産に写真にある蜂屋柿の吊るしを持参.友人の話では、その地方では蜂屋丸というのだそうな.このネーミングがなかなか気に入りました.

 

今年は夏らしい天候に恵まれ、東北の果物は大豊作だったようですな.我が家の庭の身しらず柿も400個くらい、植えて6年くらいの蜂屋の木に20数個の実をむすびました.焼酎で渋を抜いたり軒先に吊るしたりして、子どもたちや縁者、また近所にも配り終えたのが11月上旬.そのあと、やはり蜂屋がもっとほしくなり、果樹園から300グラム超の大玉を200個余り買いました.途中、時雨もようの天候が続きましたが、濃度95%のウオッカやラム酒でこまめに滅菌・カビ対策をしてなんとか干しあがりました.

 

昨年の今月のフォトにも載せましたが、今年も会津のばあちゃんからいただいた高原大根(南会津、布引高原)も干して切干大根に(写真).海ものでは、メヒカリ、のど黒、キス、真だこなどなど、すこし寒風に充てるだけで絶品の一夜干し、二夜干しができます.かるく炙ったり、フライやてんぷらに、初しぼりの地酒でもあればもう堪りませんな.みなさん、海の幸、山の幸の干しもを作ってみませんか? 要るのは、寒風と陽ざしだけ、誂えて干して放っておけば、あとはお天とうさまが醸してくれます.

 

小春日の 陽ざしにおどる 蜂屋丸       

ある覚醒体験!

白取春彦さんのケアノート「突然苦しさ消えた ー 父の介護やるしかない」(読売新聞)(リンクはここ)「事実を認める、ありのまま受け入れる」、というある日突然の覚醒体験が記されています。

家族会員による文集「希望」はこちらから

岩手県安代の「希望の丘」への研修旅行はここ